ECモール(楽天・Yahoo他)をご利用されている皆様へ

HOMEMAX-MONEYとは?機能一覧ご利用料金会社概要お問い合わせサポート
マックスマネー
ニュースリリース
Max Maney【マックスマネー】の当サイトへご来訪いただきまして、ありがとうございます。

当サイトにたどり着いたショップ様は日々の仕事を探究し、常に同業他者との差別化に苦労されている方々であることを弊社は認識しております。

Max Maney【マックスマネー】現在、どのネットショップ様も売上を維持、向上させるために切磋琢磨されています。しかし、モール内での競争に巻き込まれて商品の価格破壊を引き起こし利益率を下げることが当たり前となりました。

更には広告費に予算を掛けなければ商品が売れないなどの苦悩話をよく耳にします。出店費用・出品費・ロイヤリティー・クレジット手数料・広告宣伝費・運営場所でのポイントサービス・別途オプション機能など、今後ネットショップの売上を維持または向上を図るために、ショップ様はいったいいくらの経費が必要となるのでしょうか?

現状ではショップ運営者様の利益率が低下する中でそれにともなう経費があまりにも高すぎます。
また商品の利益率を低下せずに売上の向上を目指すショップ様は多店舗展開(楽天市場・ヤフーショッピング・ビッダーズ・アマゾン・自社サイトなど)の手法を駆使します。その結果、障壁となるのが主に各店舗での出品作業、受注管理、在庫管理になります。この作業を処理するためにスタッフを増やしても会社的には無意味です。

人員を増やさずに『楽に、便利に、快適に』多店舗運営する支援ツールとして考案されたのがこのMaxManey【マックスマネー】です。お金を最大限に活かすという意味合いでつけた名前です。

他社でもマックスマネー同様のシステムがあり、このシステムをシステム会社に発注した場合700万円〜1,000万円になります。その他、月額使用料での支払いの場合は初期費用+5万円〜15万円とかなりばらつきがあります。

システム会社側の立場から理論的に料金を算出した場合、システムの性能から判断すると上記の料金でも決して高額くではありません。 しかし現実は今までの物品販売において考えられないような出費であり、直感的に伝わりにくい価値とみなされ足踏み状態に陥るのが現状だと考えられます。

Max Money【マックスマネー】冒頭で申し上げましたとおり、当サイトにたどり着いたショップ様は日々の仕事を探究し、常に同業他者との差別化に苦労されている方々であることを弊社は認識しております。

今まで弊社は多数のショップ運営者様と意見交換し、Max Money【マックスマネー】はそのショップ様の意見を反映させた料金設定となっております。

ショップ様がマックスマネーを利用され日々の業務が効率的に改善できれば、そこにできた時間的余裕が次の売上につながります。 マックスマネーは2009年6月にリリースしましたが、これからもショップ様の意見を取り入れ、より一層完全なシステム、進化と深化するシステムに仕上げたいと考えております。